d 世田谷記念病院|リハビリテーション部
部門のご紹介 部門のご紹介

部門のご紹介

リハビリテーション部

世田谷記念病院では総勢100名を超えるリハビリテーションスタッフが在籍しています。当院では急性期の病院や在宅から患者さんを受け入れ、退院後は外来リハビリテーションや訪問リハビリテーションにて在宅生活をサポートしています。また、認定理学療法士、認定言語聴覚士、三学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士の資格を保有したスタッフも在籍しており、専門的な医療を提供しています。リハビリテーション機器も充実しており、歩行支援機器(免荷式トレッドミルやHONDA歩行アシスト)による歩行練習や、IVESを併用した促通反復療法(川平法)、VF・VEによる嚥下評価も行っています。

リハビリテーション部の取り組み

すべての分野のリハビリを実施しています

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が疾患別リハビリにおいてすべての分野のリハビリテーションを全力で実施しています。

1日でも早い在宅復帰を目指すために

セルフケア(食事や入浴)はもちろんベッドから離れて行います。それに加えて、楽しみや趣味などを取り入れたイベントを毎日行うことで、目的をもって長い時間ベッドから離れることを実践しています。離床は早期退院への一番の近道です。

食べる楽しみを大切に

当院では医師(歯科医師)指導の下、言語聴覚士や管理栄養士、歯科衛生士、看護師がチームを組み、在宅復帰に向けた摂食嚥下リハビリテーションに取り組んでいます。食事は栄養摂取という目的だけでなく、食べる楽しみでもあり、私たちはこの楽しみの部分を大切にしたいと考えます。

自分でトイレを支援します

在宅復帰を目指すにあたって、排尿・排便の自立は、食べることと並ぶ最重要課題の一つです。患者さんの尊厳の回復と、ご家族様の介護負担の軽減、私たちは排泄自立に向けて本気で取り組んでいます。

多職種協働と退院支援への取り組み

リハビリテーション効果を最大限に引き出すために、看護・介護の専門職と強力なチームを形成し、全力で在宅復帰へ向け支援いたします。退院にあたってはソーシャルワーカーやケアマネジャーと協力し、社会資源の活用や介護福祉サービスについて情 報提供とご提案をいたします。

最新機器を利用したリハビリを提供します

疾病や障がいに応じた最新のリハビリテーション機器も積極的に導入し、治療の一手段として活用します。

在宅復帰後のフォローも万全です

入院初期から積極的なリハビリテーションにより早期退院を目指します。もちろん退院後も外来リハや訪問リハ等の手段で安心の在宅生活をご支援いたします。

いろいろリハ

当院ではリハビリテーションを特に重要視しています。高齢の患者さんの場合、急性期治療を終え入院された患者さんの日常生活動作(ADL)は病前と比較し著しく低下しています。在宅復帰のためには十分なリハビリテーションが必要です。地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟での充実したリハビリテーションにより在宅復帰を目指すことはもちろん、退院後も訪問リハビリテーションなどの在宅部門にも力を入れ、安心できる在宅生活を支えます。

個別リハビリテーション

個別リハビリテーション

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が365日、最大3時間の個別リハビリテーションを実施します。運動機能や認知機能、嚥下機能など患者さんの状態を総合的に評価し、最適なリハビリテーション計画を立案し、治療を行います。

集団リハビリテーション

集団リハビリテーション

人とのふれあいや楽しみの要素を取り入れた集団リハビリテーションを行っています。生活に必要な動作を集団で行うことで互いに協力し会話を楽しみながらリハビリテーションを行うことができます。また、日中ベッドで寝ている時間を減らすことは、運動や認知機能の低下を予防し、回復への近道となります。

Rehabilitative Intervention for Daily Living(RIDL)

Rehabilitative Intervention for Daily Living(RIDL)

トイレや更衣、歩行など、日常生活の中で介助が必要な動作について、リハビリスタッフがピンポイントで専門的に関わります。個別・集団リハビリテーションに加え、一人ひとりに必要な動作へ的を絞ったこの取り組みは、目標とする動作の早期獲得を可能とし、退院へと導きます。

摂食嚥下リハビリテーション

摂食嚥下リハビリテーション

高齢者は疾病などが悪化した場合、嚥下(飲み込み)機能が低下し疾病は治癒したものの、食事ができず在宅復帰ができない状態になることがあります。そうしたことを防ぐため、言語聴覚士(ST)を中心に入院後早期から嚥下機能を評価し、適切な食事で機能訓練を行っていきます。

膀胱直腸機能リハビリテーション

膀胱直腸機能リハビリテーション

自らの意思で、自らトイレで排泄を行う。人として当たり前の行為だからこそ全力で支援すべきと私たちは考えます。入院直後から早期排泄自立を徹底して意識し、個々の障がいタイプに応じたリハビリテーションプログラムを実践します。

ホームワークの促進

ホームワークの促進

・起立・歩行訓練(可動式免荷装置アンウェイシステム、免荷式リフトPOPO、Honda歩行アシスト)・物理療法機器(ホットパック、低周波治療器、IVES・TENS)・体成分分析装置(InBody)・歩行評価機器(Gait Judge system)・各種トレーニングマシン

最新のリハビリテーション機器

最新のリハビリテーション機器

起立・歩行訓練(可動式免荷装置アンウェイシステム、免荷式リフトPOPO、Honda歩行アシスト)
・物理療法機器(ホットパック、低周波治療器、IVES・TENS)
・体成分分析装置(InBody) 
・歩行評価機器(Gait Judge system)
・各種トレーニングマシン

ロボットリハビリテーションの導入

ロボットリハビリテーションの導入

主には効率的な歩行をサポートするリハビリテーション機器です。歩行時の股関節の動きを感知しコンピューター制御で足の振りだしを支援するHondaアシストなどさまざまな疾患や障がいのタイプにも応用できる優れものです。

総合的なリハビリテーション視点

総合的なリハビリテーション視点

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は各々の職種としての専門性を高めながら、お互いの専門性を知り・認め、そして共有し合います。特に在宅でのリハビリテーション実施時にはトータルな関わりが求められています。また、この視点は強力なリハビリテーションチームをつくるには不可欠な概念です。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

03-3703-5100
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る